統合失調症が行く北海道自転車旅【2022】行先は秀岳荘~2日目~その2

北海道自転車旅
スポンサーリンク

北海道自転車旅2日目その2。

今回はいよいよ目的地【秀岳荘】にたどり着きます。

数年ぶりに訪れるアウトドアショップはアウトドアライターとして活動するおとうさんの目にどう映るのか?

ここまでノートラブルで来たおとうさんですが、このままノートラブルで乗り切れるのか?

北海道自転車旅2日目その2。

ご覧ください。

前回までのあらすじ

持病の統合失調症が悪化し幻聴と闘う日々のおとうさん。

入院を勧められるけど。できれば入院はしたくない。

ならば一旦リセットしようと、14年ぶりの北海道自転車旅に出ることにしました。

自転車に荷物を積んでエンヤコラ。

すれ違う人に励まされ到着したのが無人駅。

人生初のステーションビバークを経験した朝は目の覚めるような光景。

the北海道な道を進み、ゴールの秀岳荘は目の前です。

2022/8/6 やっと着いたぞ秀岳荘!

見上げると大きい これ全部アウトドアショップです

12時ちょうど。

国道12号を5分ほど走ると【秀岳荘】の看板が見えて来ました!

ふう。とりあえずゴールです。

妻が休みで家にいたので電話で連絡。「早かったね」

とにかく暑いので店内に入って涼みたい。

店内は当たり前だけどアウトドアグッズで一杯!否が応でもワクワクします。

けれど僕もアウトドア歴が長くなり、道具はひと通り揃っている。

どうしても欲しい!という物もなく、店内をウロウロ。

スリーピングマットが20年くらい使ったいわゆる銀マットなので、何かいい物はないかと探したけど、商品の入れ替えのタイミングらしく、これと言ってなかった。

帰ろうと思ったらスピードメーター(サイクルコンピューター:サイコン)が反応していないことに気が付いた。

マジか・・・ちょっと焦ったけど反応していないのはたぶん5分くらい。

秀岳荘には自転車コーナーもあるので相談してみた。

お店の人が僕を旅人とは思わなかったらしく「自転車運んできて」と言ったので階段を上り下りして店内に自転車を運ぶ。

「ごめんごめん(;^ω^)荷物あったんだね」「たぶん接触だわ、ほら、治ったよ」とあっという間に治してくれた。

帰りは荷物搬入路から出させてくれた。

う~ん。帰るか。

秀岳荘には実質30分くらいしかいなかったけど、まあいいか。また来ればいい。

さて、今日はどこまで行こうか…

国道36号

家に帰るにはとりあえず国道36号に出なければいけない。

環状線を西に進むとすぐに国道に出ることができた。

ここから南に行くと新千歳空港のある千歳市にたどり着く。

千歳まで行くかは分からないが、とりあえず進む。

計画があるようで無い。行くか行かないかもその時の気分で決める。これが一人旅の醍醐味だ。失敗も成功も全て自己責任が心地よい。

かつや

これで千円しないからうれしい

4時間前にセーコーマートでとり天丼を食べてからなにも食べてない(4時間ずっと動いているのですぐにお腹が空く)

そろそろお腹空いたなと思ったら「かつや」というカツ丼のお店があった。

吉野家のカツ丼版かな?と思い入ることにした。

なるべく安くしたいのだが、旅に出た朝から野菜を食べてない。

豚汁(北海道ではぶた汁と言います)とトンカツのセットをたのんだ。

トンカツのサクサクもだが、ぶた汁の塩味が疲れた身体に染み渡る。

久しぶりのキャベツ。生野菜のシャキシャキがおいしい。

バッチリ栄養補給して元気満タン。

さて、行きますか。

鬼のアップダウン

画像では伝わりにくい斜度

国道36号。

今日は疲れるまでこの道を南下する。

ところがここからが大変。

登っては下りを3時間くらい繰り返した。

もう終わる、この坂で終わりだ。と思ってもまだ続く。

肉体的にも精神的にもキツかった。

二十世紀少年のロボットを思わせる札幌ドーム

途中、日本ハムファイターズのホーム球場の札幌ドームや、三井アウトレットパーク北広島があったけれど、疲れてしまい立ち寄る気にならなかった。

国道沿いにいくつかキャンプ場の案内があったけれど、どれだけ入るか分からない(調べる気力もない)し、1泊目がステーションビバークだったのでタダで寝泊まりすることに味をしめてしまい、なんとかこの先にある道の駅まで行きたかった。

今日の寝床「花ロード恵庭」…

息も絶え絶えようやく着いた今日の寝床、【花ロード恵庭】。

大きな駐車場と広大な花畑が広がる。

とりあえず妻に電話して、テントを張れそうな場所を探すと奥の方に駐車場があった。

人目のつかない場所で芝生。建物の影で条件としては申し分無い。

おもむろにテントを広げていると何やらおじさんが来た……

「ごめ〜ん、ここ有料の駐車場だからテント張れないのさ~」

はぁ……でも仕方ない。道の駅は宿泊施設では無い。僕達は施設の厚意に甘えてるだけなのだ。

「いや、しゃぁないっす、ごめんなさい」

そう言って粗方貼り終えたテントを片付けていると再びおじさんが来た。

「したけどあんたどこ泊まんの。この辺の案内持って来たよ」

おじさん、ありがとう〜

少し戻るとキャンプ場はあるが、人力移動の旅人の性で来た道を戻る気にはなれない。

体力も精神力も尽きてしまったので、今日はビジネスホテルに泊まることにした。

恵庭RBパーク(RBP)恵庭リサーチ・ビジネスパーク

観光案内の一番上に【恵庭リサーチ・ビジネスパーク】があった。

おじさんに聞くと「六千円くらいのはず」

正直、高いなぁと思ったけれど、都会だしライダーハウスと比べてはいけない。

ビジネスホテルだし、こんなものかと電話をかけてみた。

なかなか繋がらない……

おいおい……マジか……

もうほかを探す気力ないぞ……

ようやく繋がると「今出てるから事務所行かないとわかんないわ〜」

たのむよ~

泊まれることを信じてすでにホテルに向かっていた。

電話が鳴った。不安と期待。頼む!

「1人でいいのかい?」

よっしゃーーー!!

ひとまずこれで一安心。今日はゆっくりシャワー浴びよう。

ここまでノートラブルで来たのが奇跡的。

逆にこんなことが無いと旅は面白くない…ということにしよう…

おもしろかったなと思ったらポチ☟

にほんブログ村 アウトドアブログ 外遊びへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 旅行ブログへ

道具紹介

次のお話

前のお話

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました