デイキャンプしてみたい!でも何したらいい?アウトドア歴20年のデイキャンプを紹介します

キャンプ
スポンサーリンク

いま、ソロキャンプと同じくらい耳にするようになったデイキャンプ。

でもいったい何をするのか、わかりますか?

日帰りのキャンプなのはわかるけど、何を持って行けばいいの?

この記事はそんな風に考えて、楽しいデイキャンプに行けない人の背中を押すものです。

行ってみたらどうってことのないデイキャンプ。

さあ、あなたも出かけましょう!

デイキャンプは何するの?ピクニックとの違いは?

デイキャンプですること、ピクニックとの違いを知りたい方はこちらの記事を見てね

おとうさんとそとあそ日の過去記事:デイキャンプ?ピクニックじゃないの?違いとすることを解説します

デイキャンプはどこでやるの?

基本はキャンプ場です。

人によっては山奥に入る人もいますが、国有地や私有地の場合があるので止めましょう

キャンプ場は有料と無料のキャンプ場があります。

有料のキャンプ場でもデイキャンプは割安な料金設定のところが多い印象です。

各地のデイキャンプの出来るキャンプ場

関東 ときたまひみつきちCOMORIVER

グランピングからフリーサイトでのキャンプまで対応。

初心者でも手ぶらでデイキャンプができる【てぶらBBQ】プランが魅力です。

北海道 国民宿舎 新嵐山荘

BBQサイトはカラフルなタープで彩られています。

ハンモックでゆらゆらされたり、パパは4輪バギーで自然を満喫しましょう。

北陸 利賀国際キャンプ場

デイキャンプは何をしていいか分からないという人に、岩魚のつかみ取りやそば打ち、魚釣りも有料で体験できます。

近くにはグループ施設の温泉もあります。

近畿 MUSIC FOREST貸別荘とキャンプ場/民泊【Vacation STAY提供】

落ち着いた雰囲気で1日1組限定の貸別荘のある施設。

もちろん気軽にBBQを楽しめるフリーサイトもあります。

九州 かいがけ温泉 きのこの里

森に囲まれた温泉と、ゆったりした空間の囲炉裏で楽しむばBBQで少し大人な時間を愉しんでください。

私のキャンプ場模様

私の住む北海道では無料のキャンプ場が多く、好きなときに行って、好きなときに帰ってきます。

この気軽さがデイキャンプの最大の魅力です。

言ってみたら、すごいピクニックという感じです

デイキャンプ 私の場合

私の普段のデイキャンプの様子を紹介します。

普段私は1人で行くのですが、人数が増えてもイスが増えるくらいで変わりはありません。

デイキャンプの様子

明るい時間は空を見て

こんな感じでご飯炊いて

おかずは オシャレ メニューのアヒージョと焼き鳥缶

北海道の焼き肉はジンギスカンです

食後にコーヒー淹れて

焚き火と夕焼けを満喫したら帰ります

デイキャンプはこれだけあれば始められます

先ほども言いましたが、私のスタイルはソロが基本なので道具はどうしても1人用が多くなります。

でもデイキャンプならソロの道具を複数用意すれば、人数が増えてもみんなで楽しめます

イスは欲しい

とりあえずイスは欲しいです。

ヘリノックスタイプがコンパクトで座り心地がよくておすすめです。

こちらはヘリノックス製ではありませんが、背もたれが長くてよりリラックスできます。

価格も手ごろ。

どうしてもヘリノックスがいいというならムリは言いません。

買えない私の分まで優越感に浸ってください。

焚き火をじっくり楽しみたいなら、座面が地面に近いイスがいいですよ。

ヘリノックスタイプのイスは脚が細いので、地面がやわらかいと埋まってしまいます。

このイスなら”足が埋まる問題”もクリアできます。

イスなんぞいらん!という人は

わしゃ歩いて行くからイスなんぞいらん!という人でもお尻が痛くなるのでこちらをどうぞ

焚き火台はキャンプの基本です

ガス缶を使ったコンロでコーヒーを淹れてもいいですが、せっかくキャンプ場にいるなら焚き火をしたいですよね。

僕が使っているのはピコグリルに類似の商品です。

ピコグリルを使ったことがないのでわかりませんが、これも軽くて小さい、よく燃えるいい焚き火台ですよ。

それでもやっぱりピコグリルじゃなきゃヤダ!という人もなかにはいるでしょう。

ムリは言いません。

ヒロシと同じアイテムで楽しんでください。

わしゃ歩いて行くから焚き火台なんぞいらん!という人でもこんなのもありますよ

食器はアウトドア用だと雰囲気が出る

食器は家で使っている食器を持って行くのも一つの手です

でも、どうせならアウトドア用が雰囲気があっていいですよね。

アウトドアは雰囲気も楽しみたいですから 。

鍋とお皿を兼用できるものだと荷物が少しで済みます。

駐車場からサイトまでの荷物運びが楽になりますよ。

わしゃ歩いて。。

もういいか。。

荷物を少なくしたい人は飯盒とハシがあれば十分です。

キャンプ用の小さくなるハシを紹介します。

道具はこれだけ?と思った人

そうですこれだけです。

たまにタープを使うこともありますが、タープを使うとなんか気持ちが上向かないので、よほど暑い時だけです。

焚き火だけしてコンビニ弁当でもいいですし、弁当持参でバーナーでコーヒーを淹れるだけなら、もっと荷物は少なくなります。

それでも十分楽しいから安心してください

ようは、外でのんびりできればいいんです

やってみたいけどやっぱり…

そんな人にはアウトドアグッズのレンタルもあります

これならすぐに始められるし、買う前にどんな感じか確かめられますよ。

やってみて楽しかったら少しずつ揃えればいいんです。

一気に揃えるのもいいですが、お小遣いやりくりして集めるのもまた楽しいんです(⌒∇⌒)

しっかり確認して、じっくり悩みましょう!

hinataレンタル

デイキャンプのまとめ

デイキャンプは何をしたらいいか、何を揃えればいいか、わかってもらえましたか?

このようにデイキャンプは最低限の道具で自然を楽しむ遊びです。

私も休みがなくてキャンプには行けない!ってときにデイキャンプに行くことがよくあります。

キャンプ気分を気軽に味わえるデイキャンプ、行ってみませんか?

スポンサーリンク
おとうさん

はじめまして。当ブログの中の人です(o^―^o)ニコ
3人家族の大黒柱。
Duoキャンプからファミキャンを経て今はソロキャンです。
他に登山や、自転車なんかも楽しむ40代。
アウトドアっていいよね。って発信していきます!

おとうさんをフォローする
キャンプ
シェアする
おとうさんをフォローする
おとうさんとそとあそ日

コメント

タイトルとURLをコピーしました