若かりしころの思い出。おとうさん北海道縦断物語~7日目・宗谷岬→猿払

スポンサーリンク

北海道縦断物語も折り返し。

寒さに震える朝を迎えあとは帰るだけです。

遠足は帰るまでが遠足ですが、遠くまで足を延ばしすぎました。

家族に笑顔で再会するするために気を引き締めて再出発です。

でぇもなんです。。。

今回は人の優しさが身に染みる回です。

ご覧ください。

8月15日 雨 宗谷岬

4時起床。

夜、寒くて何度も目が覚めた。

北海道はお盆をすぎると(おおよそ8月15日が境です)朝晩が急に寒くなります。

くわえてテントの隅が濡れている。

きのうの夕方から雨と風が強かったのに、原っぱにテントを張ったせいだ。

雨が小降りになった隙を見て手早く撤収する。

手早くと言っても小樽からの痺れと、寒さで手が震えてテントや寝袋がうまく片づけられない。

いつもならかみさんに「これやって」と甘えるところだけれど、今は1人なので何とかするしかない。

吹き付ける風を受けながら、折れそうな心をどうにか保ってとりあえず猿払村(さるふつ)へ向かう。

猿払村でパンク→ライダーさんとライダーハウスのおやじに助けられる

雨は小降り。

寒いけど適度なアップダウンと、イメージ通りのオホーツク海に心が躍りペダルは軽い。

道の駅猿払公園でトイレに寄るとキャンピングカーのおじさんに声をかけられた。

「寒そうだな笑これ食べな」とソーセージをもらった。

子どもの頃、体に悪いとソーセージやハムを食べさせてもらえなかったおとうさんはこの手の物に目がない。ありがたく頂戴する。

「にしても、あんちゃん汚ねえ手してるな。これも持って行け」と軍手もくれた。

毎日のようにパンク修理をする僕の手は真っ黒だ。

はじめのうちは道路にこすり付けたりしていたけれど、最近は面倒になってそのままにしていた(真っ黒の手でご飯もたべる)

この道の駅には無料のキャンプ場も併設されていて、ライダーさんやチャリダーがたくさんテントを張っていた。

僕もここにすれば出会いがあったのだろうが、「宗谷岬で寝る」ことに意味があるのだ。

おじさんにお礼をいって出発。

と思ったら、パンク。

もういつものことです。

慣れた手つきで治す。。。と思ったら手が震えてうまくいかない。

おまけに雨が強くなってきて、パッチがうまく貼らさらない。

泣きそうになりながらリムにタイヤをはめて空気を入れていたら、タイヤの表面の雨が泡立っている。

パッチがうまく貼らさっていないのもそうだが、タイヤがすり減って貫通している。

おとうさんの自転車のタイヤは溝のないスリックタイヤだからすり減りやすい。

出発前に1000㎞以上走っていたし、今回の旅でもすでに700㎞走っている。

そりゃぁ貫通するよネ

さてどうするべ。。。

とりあえずどこかに自転車だけおいて、タイヤだけ持って自転車屋行くか。

というわけで自転車を置ける場所を探して、重たい自転車を押す。

そしたらすぐにライダーハウス「やませ」があった。

「よし、ここに自転車を置かせてもらおう。ライダーハウスなら旅人に優しいはずだ」

「やませ」に到着するとちょうどライダーさんが出発するところだった。

疲れ切ったチャリダーを不憫に思ったのかみんな声をかけてくれる。

旅人はみな優しい。

事情を説明すると

「旦那さん朝はいないから電話してあげる」と言ってくれた。

1回目は間違えて、2回目は留守電。

3度目の正直!繋がってくれ!

転送電話。。。つながった!

すぐに来てくれると言ってくれたので、荷物を運ぶ。

ライダーさんも手伝ってくれたんだけど「これ積んで走ってるの?すげーな」と驚ていた(総重量約20㎏)

ライダーさんにお礼と別れを告げて、ほどなく旦那さんが来た。

事情を説明すると

「そのタイヤは浜頓別(はまとんべつ)行ってもないぞ」「して、どやって行くのさ?」

「歩いて行こうと思ってます」

「何言ってのさ!50キロはあるよ。バスで行きな!」

そうだよな。。。その方が現実的だ。

目の前にバス停があったので時刻表を見ると、いま行ったばかりで次は2時間後。

てゆうか、バスは基本2時間に1本で、時刻表は暗記できるほどスカスカだ。

吉幾三のオラ東京さ行くダの「バスは一日一度来る!」の世界だ。

かと言って待つ気にもならないし、歩くのも現実的じゃないとたったいま学んだ。

よし!ここはいっちょ人生初のヒッチハイクだ!

電波少年の猿岩石世代のおとうさんはいつかヒッチハイクをしてみたいと思っていた。

そのチャンスがここでやって来た!

人生初のヒッチハイク!

さてどうしたものか。。。

やってみようとは思ったけれど、やはり気恥ずかしさが先に立つ。

でもやらないことには道は拓けない。

勇気を出してサムズアップ👍

イメージは猿岩石。

脳内BGMは「しろ~い~くも~の~よぉ~に~」

わかるかな?w

そしたら5分くらいで大型トラックがハザードランプを点けて近くに停まった。

「このタイミングは停まってくれたんだよね?」と駆け寄る。

「どこまでいくのさ?」

「稚内に行きたいんです」

「乗んな!」「ありがとうございます!」

こんなにすぐに停まってもらえるものなの?

そもそも車は2~3台しか通ってないんだよ?

猿岩石と俺は違うぜ(・∀・)ニヤニヤ 顔の汚さは同じだけど。。。

「タイヤなんか持ってなしたの?」

そりゃ不思議だよね

事情を説明すると

「したらちゃんとした自転車屋じゃないとダメだな、いま調べるからちょっと待ってな」

と地図を広げて調べてくれた(この頃まだカーナビは普及しきっていない。大型トラックでも同様のようだ)

「そこのクーラーボックス開けて好きなの飲みな」

と言ってシャーベットになったジュースをくれた。

この旅に出てから水と麦茶しか飲んでいなかった僕は、迷わずバンホーテンココアを選んだ。

久しぶりの甘いものに感動していると

「あんたどんな生活してんのさ笑」

運転手さんは「稚内サイクル」を見つけて、大型トラックでは走りにくいであろう古い町を走ってくれた。

運転手さんは「楽しかったよ!一回あんたみたいの乗せてみたかったんだ笑2時間くらいしたら同じ道戻ってるからタイミング合えばまた乗せっからね」と言ってくれた。

このことをきっかけに、旅から帰ってからヒッチハイカーを見つけると積極的に乗ってもらうようになった。

稚内サイクルはいかにも街の自転車屋という雰囲気。

親父は頑固そうだけど「こんな中華製のタイヤじゃだめだ。型落ちのがあるからそっちにしな」と少し安くタイヤを売ってくれた。(値段は忘れた)

パンク修理キットも買ってまたヒッチハイクだ。

これまたすぐに停まってもらえた。

おかしいな。。。何時間停まってもらえないで苦戦する冒険のクライマックスになるはずなのに。。。

帰りの一台目はOLのお姉さん。

僕を見つけてわざわざUターンしてくれた。

乗るや否や

「お腹空いてない?お昼に食べようと思ったおにぎりあるから、ほら」

と、お姉さんの昼食だったはずのコンビニおにぎりをもらってしまった。

しかも、「これでおいしいもの食べて」と2000円ももらってしまった。

さすがに辞退しようとすると

「きょねん娘がヒッチハイクで旅して、いろんな人に助けられたから。私にもなんかさせて」

ありがとうございます。

おねえさんは昼休みギリギリまで僕を乗せてくれて

「ごめんね、中途半端なとこで降ろして」と笑顔で職場に戻って行った。

宗谷岬はもう目の前だ。

ここでちょっとかみさんに電話しよう。

すぐに繋がった。

けど車もすぐに停まってしまった。

すぐに電話を切って乗り込む。

今度は本州から来た、ファミリーのグループ。

自転車の車輪を持って何にもない道端に立っている汚い顔をした僕は、あからさまに困っていたので素通りできなかったそうだ。

3分ほどで宗谷岬到着。

本州から来た皆さんに北海道を楽しんでくださいと別れを告げる。

よし、ここまで来ればあともう少しだ。

この調子で行けばあっという間だ。

しかも宗谷岬の駐車場は車で一杯。すぐに乗せてもらえる。

とはいかないのが世の中で、欲かくと捕まらない。

30分くらい指を立てても反応ないので、歩きながら車の音がしたら振り返る作戦にした。

そう。欲を捨てると成果が上がるようで、作戦変更したとたんに停まってくれた。

その人は地元の人らしく、雨の中タイヤを持ってトボトボあるく僕が異様に見え、心配になったそうだ。

サガレンで降ろしてもらうと旦那さんが待っていてくれた。

このライダーハウスは食堂が併設されているので、お礼の意味を込めてご飯を食べることにした。

猿払名物のホタテを使ったおいしそうなメニューがたくさんあったけど、それらを頼める財力は当然ない。

ポークカレーを頼む。

そしたら明らかに普通盛りじゃない量のカレーライスが運ばれて来た。

でもここで注文と違うと言うほど野暮じゃない。

100円多く払えば済む話だ。

おいしいし、久しぶりに満腹になって会計をすると普通盛りの値段。。。

いや、旦那さんと言い、僕を乗せてくれた皆さんと言いどこまで旅人に優しいのさ。

道民サイコー!

猿払にて一泊

食事を済ませて荷物をまとめる。

けれど、時間も時間だし雨も降っている。お腹は満腹。

答えはもう走るのめんどくさい。

サガレンさんに泊めてもらうことにした。

1000円なのでそこまで大きな出費じゃない。

することがないので布団に入ってウトウトしていると、「おじゃましま~す」と誰か入ってきた

聴くと、大阪から来たご夫婦のライダーさん。

食事済ましたらお話ししましょうと声をかけてくれた。

30分くらい待つとご夫婦がビールを持ってやってきた。

「いや~ホタテ大きいね~」「そうなんすか!僕カレー食べちゃったんで笑」

ビールを開けて乾杯!

でも見る間に赤くなる僕に「呑めないの?」

そうです。宗谷岬で一人乾杯したけれど、僕は基本的にお酒を呑めません。

無理しないでいいからお話ししようと、10時くらいまでお話しました。

久しぶりに10時まで起きていた。

1人じゃない夜も久しぶりだ。

  • 走行距離:31㎞
  • 走行時間:2時間
  • 総走行距離:575.5㎞
  • 平均速度:14.2㎞

面白かった(^▽^)/ と思ってくれたらレッツぽち☟

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

今回の行程☟

宗谷岬 から ライダーハウスやませ

旅の始まりはこちら☟

若かりしころの思い出。おとうさん北海道縦断物語~きっかけ・計画編~
当ブログの筆者おとうさんの若かりし頃の思い出、自転車北海道縦断物語です。今回は些細なきっかけと立てれば立てるほど不安になる計画のお話です。約2週間の行程になるので数回に分けてのお話しになります。ほかに使った道具の記事もあるのでご覧ください

前回の話はこちら☟

スポンサーリンク
おとうさん

はじめまして。当ブログの中の人です(o^―^o)ニコ
3人家族の大黒柱。
Duoキャンプからファミキャンを経て今はソロキャンです。
他に登山や、自転車なんかも楽しむ40代。
アウトドアっていいよね。って発信していきます!

おとうさんをフォローする
シェアする
おとうさんをフォローする
おとうさんとそとあそ日

コメント

タイトルとURLをコピーしました